1度体に刻んでしまった刺青を消す方法とは

治療で美容効果を
 得ることができる

よく考えよう

1度やってしまえば一生消えてくれない刺青ですが、最近ではファッションの1つとして気軽に入れてしまう人が多いです。一生その当時の暮らしが出来るのなら問題はないのかもしれませんが、それから10年、20年と経過すれば自分も周りも変わります。ファッション中心の生活だった、ヤンキーらしい生活だった、そんな人も多くが時間に経過によって普通の人になります。そんな時に当時の刺青だけが体に残り、これで不便な思いをしている人は多いのです。
中には就職できなかった、仕事を首になった、恋人にフラれてしまった、結婚が無しになった。理由は様々ですが、まだ日本では刺青という文化が大きく受け入れられているわけではありません。つぶしのきく若いときとは違い、年齢を重ねれば見えてくるものがたくさんあります。
どうしても刺青を消したいという場合、刺青除去を行っている病院へいけばある程度まで、運が良ければ綺麗に消すことが出来るようにもなります。これは医療行為になりますから、刺青除去にかかる費用は全額自己負担です。当然10万円以上かかることになりますし、範囲が広ければ100万円以上かかってしまうこともあります。
刺青除去にかかるお金がだいたい入れたときの3倍だといわれており、刺青を消したいがために働いているという人もいるくらいなのです。

最近では除去の治療も進化し、レーザーによって比較的綺麗に傷もなく消せるようになってきています。しかし、それでも複雑な模様や広範囲の刺青は切開でなければ消せないことの方が多いです。

切らずに治療

若いときに気軽な気持ちで刺青を入れ、除去したいと希望する人は多いです。レーザーを利用した治療であれば皮膚を切開せずに刺青を消すことが可能になっていますが、これにはこれで問題があります。

詳しく読む

口コミを見よう

刺青を除去しようと思った時はクリニックを選びましょう。ポイントは実績のある所かどうか、後遺症などのリスクが無いかどうか、口コミの評価はどうか、といったことを重点的に探していくとよいでしょう。

詳しく読む

クリニック探し

既に入っている刺青を消したいと思った時は除去をしてくれるクリニックを探してみましょう。費用はもちろん、実績や評価などを見比べて選ぶことで後遺症などのリスクを軽減できます。

詳しく読む