1度体に刻んでしまった刺青を消す方法とは

治療で美容効果を
 得ることができる

クリニック探し

広範囲、もしくはカラーの刺青を綺麗に消したい場合には、もう皮膚を除去する以外に方法はありません。出来る限り小さなキズで済むように医師は対応してくれますが、刺青の形や範囲によっては上手くできない場合もあります。
特に尖ったデザインや複雑なデザインであれば、最も外側に出ている部分同士を繋げた箇所が切開必要部位になりますから、ほんの小さなデザインだと思っていたとしても、大量の皮膚を除去しなければいけなくなってしまうようなこともあります。
また、あまりにも大量の皮膚を切除し、関節部分にまたがる皮膚を切開する場合にはつっぱり感が出てしまうことがあります。人間の皮膚はある程度伸縮するために少々の切開ならば問題はありませんが、大量の皮膚切除または関節のように柔軟性が必要になる箇所の刺青を除去しようとすると、皮膚の伸びが足りなくなってやけどをしたときのような感覚が残る場合があります。
当然切除によって刺青を除去した部分には傷が残りますから、決して綺麗な状態ではありません。
これは医療技術のせいというよりも、仕方がないことなのです。人間の体にも限界がありますし、1度皮膚の深くまで到達した色素を消すというのはこれだけ難しいことだということなのです。

医師によって、または病院によっても対応は違いますから刺青除去を扱っている病院を何件か周り、自分の希望に最もそうかたちで治療を進めてくれる医師を見つける必要があります。