1度体に刻んでしまった刺青を消す方法とは

治療で美容効果を
 得ることができる

口コミを見よう

刺青を除去する方法で最も簡単なのがレーザーでの施術ですが、これも全ての刺青を完全に除去できるスーパーマシンではありません。刺青とはいえ人によって深さ、色、形と様々な違いがあります。レーザーを利用した治療では学生時代にふざけて入れた墨汁刺青のようなものであれば簡単に消すことができます。これはスタジオなどで入れた刺青と比べて相当に色が入っている部分が浅くなっており、レーザーの照射が簡単に届くようになっているからです。
しかし、刺青の除去を望んでいる人の多くが本格的に入れてしまっているものですから、そう簡単ではありません。

レーザーは黒色に反応するようになっていますから、黒一色の刺青であればスタジオで入れたものでも比較的簡単に消せるようになっています。あまりにも範囲が広すぎれば治療費用も膨大な額になってしまいますから、切開や切除を進められることもあります。しかし、ワンポイントや腕の一部分、耳の裏、背中あたりにある刺青の除去ならばレーザー1つで可能です。
しかし、中には綺麗に消えないでうっすらと傷跡が残るようなこともあります。

一番刺青の除去で難しいのがカラーの刺青です。これはレーザーに反応しにくいものであるために、いくらあてても薄くなるばかりで消えはしないという状態になる場合があります。
消えはしない状態になれば、残すは切開での切除しかありません。小さい部分でなら問題はありませんが、広範囲に色が及んでいれば消去は非常に難しくなってしまいます。また、レーザーでの消去だとしても決して治療費用は安くありません。だいたい入れた値段の2~3倍はかかるといわれていますし、1回や2回の治療では消しきれないことが殆どです。継続して病院へ通えるだけの体力とお金を用意して利用するようにして下さい。